ミュンヘンで桜咲く

ミュンヘンの桜

海外で生活していると、ふとした瞬間に日本が恋しくなる時ってあります。

春になると、特に恋しくなるのが「日本の桜」。

わたしの住んでるミュンヘンで、桜を見ることができるのか気になって調べてみたところ、オリンピア・パーク(Olympia park)に桜があるとの情報が!

実際に桜が咲いていたのかチェックしてきました。

やはり日本人にとって桜は特別です。

桜はドイツ人にも大人気。たくさんの人が桜を見に訪れていました。

ミュンヘンの公園「オリンピア・パーク ( Olympia park )」

オリンピアパーク

ミュンヘンで桜を見ることができる公園「オリンピア・パーク」は、ミュンヘンの中心部から北の場所に位置しています。

1972年のオリンピック会場の跡地で、陸上競技場やプールなどが残っています。

広い敷地内には競技場以外に池やちょっとした広場、景色の良い丘などがあります。週末には家族や友達でのんびりするのがドイツらしい風景。近くにはBMW博物館もあるので観光客も多く訪れます。

天気がよい日に散歩したり、のんびりするのに最適な場所です。

桜の咲いている場所

オリンピアパーク

オリンピア・パークのBMW博物館の前とSEA LIFE(水族館)の先の丘で桜を見ることができます。

BMW博物館の前は、八重桜が咲いていて、SEA LIFE(水族館)の先の丘では、ソメイヨシノと八重桜が咲いていました。たくさん咲いていて、とてもきれいでした。

SEA LIFE(水族館)の先の丘の方では、お花見をしに、たくさん人が集まっていて、ミュンヘン在住の日本人の方をちらほら見かけました。

オリンピアパークの桜

ドイツではお花見の文化がないので、ベンチに座ってピクニックしている人や、日本のように桜の下でお花見してる方もたくさん見かけました。

日本のお花見のように、人混みもないので、日本でのお花見よりもゆっくりできたのがよかったです。

ドイツで花見をする特権ですね。

ミュンヘンの春は長い冬が終わり、やっと暖かくなって一番気候がいい時期。

 日本人にとって、やはり桜は特別なもの。

海外生活していると日本の春が恋しくなりますよね。

春になったらぜひミュンヘンのオリンピアパーク ( Olympia park ) へ訪れて、美しい桜を見ながら少しの間、日本の春気分を味わってみてください。

教科書 子なし駐在妻のための教科書

オリンピアパークのアクセス

【住所】Spiridon-Louis-Ring 21, 80809 München

【駅】U3/8 Olympiazentrum駅

【公式サイト】https://bit.ly/3eusRaf

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

error: 右クリックはできません。Content is protected !!