ミュンヘンのクリスマスマーケット

ドイツの冬の最大の楽しみは、クリスマスの約4週間前から各地で開かれる「クリスマスマーケット」です。

ドイツは冬がとても長くみんなが心待ちにしているイベントの一つで、ミュンヘン一番の規模でメインとなるクリスマスマーケットが中心部にあるマリエン広場で毎年開催されます。

特に12月はクリスマスマーケットを目当てに大勢の観光客がミュンヘンへ訪れます。

ミュンヘンのマリエン広場とその周辺で開催されるクリスマスマーケットを紹介します。

クリスマスマーケットの開催時期

ミュンヘンクリスマスマーケット

ドイツではクリスマスの4週間前からクリスマスのカウントダウンのお祝いが開始されます。

4週間の間に少しずつスライスして食べるシュトレンを食べる習慣やアドベントカレンダーという12月1日からクリスマスまでの日めくりお菓子カレンダー、アドベントクランツという4本のろうそくを立てられるモミの木のリースを使い一週間ずつ火を灯していきながら、クリスマスを待ちます。

この期間中にクリスマスマーケットが開催され、この時期のことをキリスト教で「アドベント」と言います。

マリエン広場のクリスマスマーケット

ミュンヘンクリスマスマーケット

ミュンヘンのクリスマスマーケットで一番大きな規模でメイン会場となるのが、マリエン広場で開催されるクリスマスマーケットです。

このマリエン広場で開催されるクリスマスマーケットは、実はドイツで最も古いマーケットの一つで、クリスマスの時期になると世界中から多くの観光客が訪れます。

新市庁舎の前に約26メートルある大きなクリスマスツリーが設置され、2500個以上の照明がライトアップします。とても迫力があって、その大きさに毎年見慣れているはずなのに、いつも圧倒されます。(笑)

毎晩17時30分より新市庁舎のバルコニーでアドベントミュージック(クリスマスソング)のライブ演奏が行われ、屋台は手作りの雑貨からクリスマスツリーに飾るオーナメント、キャンドル、さまざまなクリマス工芸品など数多くの屋台が並びます。

おすすめの食べ物

シュトーレン

クリスマスマーケットでおすすめの食べ物が、ドイツのクリスマスケーキの「シュトレン」と焼きアーモンドの「マンデルン」。

シュトレンは賞味期限が長いのでお土産用に人気があって、マンデルンは温かい内に食べるのが個人的におすすめです。

マンデルン屋台



ドイツのクリスマス名物「グリューワイン (Glühwein)」

クリスマスマーケットの名物は、ドイツの寒い冬にぴったりの「グリューワイン」。

グリューワインは、温かいワインにシナモンなどの香辛料に砂糖などを加えたもので、ドイツの寒い冬を温めてくれるクリスマスマーケット定番の飲み物で、クリスマスマーケットの主役と行っても過言ではないほどの名物です。

日本ではまだ馴染みが浅いですが、ドイツの寒い冬を温めてくれる定番の飲み物で、クリスマスマーケットではマグカップを片手に、家族や友人と乾杯の瞬間を楽しむのが定番です。

ちなみに、屋台ごとにマグカップの絵が異なるのですが、気に入ったマグカップは持ち帰ることもできるので、おみやげとして持ち帰るのも思い出になりますよ。

グリューワインは基本的にマグカップ付の値段ですが、デポジット制なので飲み終わった後に屋台へマグカップを返却すればマグカップ代が返金されます。

カウフィンガー通りとノイハウザー通り

カウフィンガー通り(Kaufinger Str.)とノイハウザー通り(Neuhauser Str.)はカールス広場とマリエン広場に通じる歩行者天国の通り。有名なショッピングストリートでいつも人で、週末になると多くの人で賑わう通りです。

クリスマスマーケットの期間中、この通りに屋台がずらっと並ぶので、ぜひこの通りをぶらぶらと散歩しながらいろんな屋台を見てみてください。

クリスマスマーケット

2021年のスケジュール

【開催期間】11月27日~12月24日

【場所】マリエン広場周辺

【営業時間】10:00 – 21:00 (月曜日から土曜日)10:00 – 20:00 (日曜日)10:00 – 14:00(12月24日のみ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

error: 右クリックはできません。Content is protected !!