ミュンヘンのオクトーバーフェスト

ドイツといえば、ビールが有名ですよね。オクトーバーフェストは、ドイツのミュンヘンで毎年9月中旬から10月の最初の週末まで開催されるミュンヘン伝統の世界最大規模のビール祭りです。日本でも頻繁にオクトーバーフェストが開催されますが、ビールの本場ドイツ・ミュンヘンのオクトーバーフェストはどのようなお祭りなのか紹介します。

Oktoberfest

1810年10月当時のバイエルン王子ルートヴィッヒ1世と王女テレーゼが盛大な結婚式をし、多くのミュンヘン市民に祝福されたことがきっかけで、それから毎年規模が大きくなり、今では毎年世界から約700万人が訪れる世界最大規模のビール祭りになりました。会場は広く、東京ドームが9個分の面積にビアホールや移動式遊園地、屋台など登場します。子供から大人までたのしめるドイツを代表するお祭りです。

パレードからはじまるオクトーバーフェスト

オクトーバーフェストの初日は10時45分からのパレードから始まります。音楽に合わせながら馬車に乗った従業員が会場まで向かったり、ビール樽を会場まで運びます。パレードもオクトーバーフェストの見どころのひとつです!

初日は午前9時から会場は空いているのですが、12時になる銃声が聞こえるまでビールや食べ物を出してはいけない決まりがありますが、それでも席取りのために朝から会場はとても混み合います。会場にいる約80%がドイツ人!ドイツ人のオクトーバーフェストの気合いの入れようは半端ないです。

お祭り2日目にも大規模なパレードが10時から行われるので、2日目のパレードも要チェック!

会場までのアクセスと営業時間

オクトーバーフェストの会場は、Theresienwiese(テレージエンヴィーゼ)という公園で開催されます。入場は無料です。会場までは、ミュンヘン中央駅のHauptbahnhof駅から歩いて15分。一番近い駅は会場の最寄り駅のTheresienwiese駅です。

住所: Theresienwiese, Bavariaring, 80336 München
営業時間: 10:00 - 23:30 (土曜日と日曜日は9時から)
曜日によって営業時間が変わるので公式ホームページで確認してください。

 

オクトーバーフェストでなに着る

本場のオクトーバーフェストへ行くならば、ドイツバイエルンの民族衣装を着て行くのがおすすめ!理由は3つあります。

  • ビールで服が汚れる可能性がある(テントの中は音楽に合わせてみんなビール片手に踊ったり…)
  • 来場している人のほとんどが民族衣装を着ている(私服の方が浮くかもしれません)
  • 思い出になる(日本じゃ着れない)

女性はわたしが写真で着ているディアンドル(Dirndl)と呼ばれるエプロンつきのワンピースを着ます。エプロンの結び目には深い意味があって、右はパートナーがいる人、左はフリーの人、真ん中は複雑・あいまいの人と意味がちゃんとあるんです!

男性はレダーホーゼ(Lederhose)という革のズボンにシャツを合わせます。

ディアンドルは日本でいう着物や浴衣に似ているなと思いました。値段も高価なものから安いものまでそれそれで、ワンピースの丈が短い人や足もとがスニーカーの人やバレーシューズ、髪には花かんむりをつけたり、それぞれおしゃれを楽しんでる人がたくさんいます。オクトーバーフェスト期間中はたくさんのお店で民族衣装を購入することができるので、ぜひ民族衣装を着てオクトーバーフェストへ参加してください!

みんな飲んでいるのは1リットルあるMASS(マス)と呼ばれるジョッキのもの。オクトーバーフェストのビールは特別にアルコール度数が高くなっているのですが、ドイツ人はこのマスビールを何杯も乾杯の音楽に合わせて飲みます!すごいの一言。

お酒が苦手な方におすすめなのが、Spezi(シュペッツィ)というコーラをオレンジの炭酸飲料(ファンタのようなもの)で割ったドイツのノンアルコール飲料です。とてもおいしいので一度飲むとはまりますよ。ビアガーデンで定番の飲み物のひとつ。

オクトーバーフェストの期間中の午前中には、たくさんの家族連れや子供たちや学生でにぎわっていました。さすがに夜になると、酒飲みの人であふれているので家族連れの方は平日の午前中に訪れるのがベストです!

とっても大きいプレッツェルやドイツ料理はビールと合わせて忘れずにオーダーしてください。屋台で売っているソーセージやクレープ、ポテトなどもおすすめ!

ちなみに、テント内は注文したものが運ばれた際にその都度ウェイタ―に支払うため、現金払いがおすすめ!会場内にはたくさんのATMがあるのご心配なく。

かわいいハートのジンジャーブレットクッキー

会場では、ドイツの代表的な焼き菓子のレープクーヘンと呼ばれるハート型のジンジャーブレットのお店がたくさんあります。

よく首から下げている女性を会場でたくさん見かけます。白いアイシングで書かれているメッセージは恋人へのメッセージだったり、オクトーバーフェストと書いてあるシンプルなものからさまざまな種類のクッキーがあります。色や大きさのバリエーションも豊富。

好きな色とレープクーヘンの大きさ、添えたいメッセージをお店の人に伝えればオリジナルのレープクーヘンを作ることができるお店もあります!意外にもこのレープクーヘンは長持ちするので食べずに長い間飾ることができるのでおみやげにぴったしです!わたしも今年のオクトバーフェストの思い出に友達との名前を書いたレープクーヘンを作りました。

かわいくて大満足!一番小さいサイズでひとつ20ユーロです。

おしゃれな子たちがレープクーヘンのお店の前で撮影しているのを見て、わたしもお店の人に許可をとって撮影してもらいました。レープクーヘンのお店はとってもかわいいので写真が映えます💕

 

この投稿をInstagramで見る

 

Oktoberfest🍻🥨 #arisareisen かずさとオクトーバーフェスト行けたなんて夢みたい❤️

𝐀𝐑𝐈𝐒𝐀 有紗さん(@arisareisen)がシェアした投稿 –

写真を撮る際はお店の人の許可をとってから撮影してくださいね。

オクトーバーフェストを楽しむためのヒント – Tipps –

・オクトバーフェストの会場とテントの入場は無料

・テントでウェイターに都度払いするために現金がおすすめ。

・毎年オクトーバーフェストの時期になると国外からたくさんの観光客がミュンヘンへ集まってくるためホテルの値段はいつもの倍のなるため、早めの予約がおすすめ。

・会場は、リュックサックなどの大きい荷物は持ち込み禁止。最低限の荷物だけ持って入場するか荷物を預ける。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください